見て、さわって、音符がわかる
リズム積木

リズム積み木は、小さなお子様のために
音の長さ、リズムなどを、見て、さわって、理解することを
やさしくした国立音楽大学製作の教材です

リズム積木とは?

リズム積み木とは

子どもたちにとって、音楽リズムは抽象的でつかみにくいものです。
そこで、リズムの長さに従って大きさを決めてある積木を使用し、
実際に目で見て手で触れることにより、
音符の長さを理解できるようにしたのが
このリズム積木です。
4分音符が基準の立方体となり、2分音符の幅は倍、
全音符の幅は4倍になり、
逆に8分音符は4分音符の半分、
16分音符は4分の1の大きさです。

小さなお子様むけの教材として音楽教室で使われているほか、
ご出産やご入園の贈り物としても人気があります。

リズム積木
8,800円(本体価格 8,000円)
重量:2.6kg / 外寸:220x365x63(mm)/
「リズム積木の使い方」付属

学び方の例

音の長さを理解する

色々な拍子、4分の3拍子、4分の4拍子 縦

リズムの流れを感じる

実際に聴こえてくる音と一緒に触れることができます

4分の3拍子2小節、4分の4拍子2小節 リズム
ボックス

積み木の大きさが音符の長さの関係になっています

積み木の

同じ長さの音符と休符が表裏になっています

同じ長さの

通信販売が
  ご利用いただけます。