2018ヨーロッパピアノフェア プレイベント

ヨーロッパピアノ トーク&コンサートシリーズ 1 ~ベヒシュタイン編~内藤 晃 春を感じるコンサート

19世紀半ばから20世紀にかけて多くの
ピアノ作品が創られた中、
当時の作曲家、
ピアニストが何を望んでいたかを悟り、
新たな音楽的理想に応えるピアノづくりをしてきた老舗ヨーロッパピアノメーカー。

今回はベヒシュタインにスポットをあて、
その魅力を演奏と解説で
味わっていただきます。

プログラムおよび使用楽器

  • 春が来た(内藤 晃 編曲)
  • C.トレネ:4月にパリで
    (A.ワイセンベルク 編曲)
  • F.クープラン:恋のナイチンゲール
    (クラヴサン第14組曲より)
  • C.グルック:精霊の踊り
    (G.ズガンバティ編曲)
  • W.A.モーツァルト:ロンド ニ長調 K.485
  • F.ショパン:子犬のワルツ Op.64-1
  • E.グリーグ:蝶々(叙情小曲集より)
  • E.グラナドス:嘆き、またはマハとナイチンゲール(ゴイェスカスより)
  • R.シュトラウス:セレナーデ Op.17-2
    (W.ギーゼキング 編曲)
  • F.メンデルスゾーン:歌の翼に Op.34-2
    (F.リスト 編曲)
使用ピアノ(予定)
  • ベヒシュタインA189
    (1998年製造 ドイツ直輸入)
  • ベヒシュタイン B112
    (アップライトピアノ新品)

※使用楽器、プログラムは当日変更となることが
ございます。
ご了承ください。

内藤晃

日時

3月23日(金)

  • ① モーニングコンサート
    開演 11:00(開場 10:40) 
  • ② イブニングコンサート
    開演 19:00(開場 18:40)

会場

宮地楽器小金井店 さくらホール

料金

  • 各回とも
    会員/ 1,500円 
    一般/ 2,000円

※要予約 自由席
※価格は税込みです。

主催

宮地楽器

使用ピアノ:ベヒシュタイン A189

内藤 晃プ ロフィール Akira Naito

東京外国語大学卒業。桐朋学園大学指揮教室、ヤルヴィ・アカデミー(エストニア)にて指揮の研鑽を積む。

外語大在学中、デビューCD「Primavera」(2008年)がレコード芸術特選盤に選出され、「作品の内面と一体化した純粋な表現は聴き手を惹きつけてやまない」と評価される。 2014年、(一社)全日本ピアノ指導者協会より新人指導者賞受賞。ピアニスト・指揮者・作編曲家としてユニークで多彩な活動を展開。主宰ユニット「おんがくしつトリオ」では教育楽器の可能性を追求した上質なアレンジが話題となり、全国的に公演やワークショップを行う。月刊「音楽現代」にてコラム「名曲の向こう側」を連載するほか、監訳書にC.ローゼン著「ベートーヴェンを“読む”」、校訂楽譜に「ヤナーチェク:ピアノ作品集」、作曲作品に映画「彦とベガ」などがある。ピアノを城田英子、広瀬宣行、川上昌裕、V.トイフルマイヤーの各氏らに、指揮を紙谷一衛、L.グリン、曽我大介の各氏に師事。

  • 続きを読む
  • 閉じる

お問い合わせ・お申込み

宮地楽器小金井店 
TEL:042-385-5585
担当:高木
営業時間 10:00~19:00

2018 ヨーロッパピアノフェア 4月14日(土)~22日(日)開催予定

交通アクセス

宮地楽器小金井店ショールーム
〒184-0004 東京都小金井市本町5-14-10
電話:042-385-5585
JR中央線武蔵小金井駅下車 北口より徒歩3分